お知らせ

椎間板ヘルニアとピラティス

椎間板ヘルニア

 

hernia201211_ttl-pc

 

と病院で診断をうけて

『お医者さんからピラティスをすすめられてきました』

という方もいらっしゃいます

 

 

椎間板ヘルニアの詳しい説明は

割愛しますが

 

何が原因でそのようになったか

が大切だと思います

 

 

 

ピラティスのレッスン中

 

よく

骨盤をニュートラルポジションで

yjimage-5

と言います

 

骨盤がニュートラルとは?

 

 

お尻のポケットが

yjimage

 

 

寝た時には床と平行

 

座ったり立ったりした時には

床に対して垂直な状態をいいます

 

 

 

 

 

このとき

背骨には

理想的なカーブが生まれます

 

この理想的なカーブにより

 

私たちの体に加わる衝撃を

もっとも吸収しやすくなります

 

 

 

 

 

また

 

骨盤がニュートラルにあるとき

 

お腹の深層の筋肉

yjimage-2

 

『天然のコルセット』

と呼ばれている部分が

 

 

 

最も効率的に働く仕組みをもっています

 

 

レッスンでは

骨盤ニュートラルを保った状態で

 

さまざまな動きをおこなっていきます

 

 

 

 

その結果

骨盤が前にたおれた(前傾)反り腰の状態や

骨盤が丸まった(後傾)猫背の

改善にも効果が期待できます

 

 

 

 

このように

姿勢が改善されることで

 

腰やあしのしびれが

 

なくなったという

 

嬉しいお声もたくさんいただいてます

 

ご自身の体

 

気になることがありましたら

 

お気軽にお問い合わせください

 

 

 

 

 

ピラティスセナ
大きな地図で見る  Copyright© 2019 Pilates Sena All rights reserved.
メニュー一覧
×
メニュー