お知らせ

脊柱側彎症にたいしてのピラティス

昨日、7月17日大阪でピラティスのワークショップを

受講してきました。

 

3コースありまして

 

1つ目は

HALOをつかったクラス

 

ST11047

 

大きなボールとハンドルの組み合わせ

 

オランダ人の理学療法士が開発されたものです

 

 

アスリートの競技力向上にもですが

 

腰痛にたいしても

(仙腸関節の不具合の調整)

 

とても効果が期待できる種目もありました。

 

 

 

2つ目は

ローテーショナルディスク

 

DSC_1152

 

DSC_1144

 

ディスクの上に立っての動きもあり

 

ゴルフやラケットスポーツ動作改善や

(脊柱回旋の制御を肩や股関節でたえてる場合も多くあり)

 

 

 

仰向けやうつ伏せでも用いて

 

脊柱のゆがみや、脊柱側弯をおもちの人に

 

床の上ではわからなかった気づきから

 

コントロールすることで変化が期待できそうです。

 

 

 

 

3つ目は

スタビリティークッション

DSC_1168

 

クッションと体の関係

関節の安定性

骨粗鬆症で脊柱の屈曲が禁忌の人への

アプローチの仕方もありました。

 

 

3つのコース(道具)それぞれの良さがあり

 

これから活用するのが楽しみです。

 

ローテーショナルディスクと

 

スタビリティークッションは

 

すでにスタジオにあります。

 

 

HALOは入荷待ちです

もうしばらくお待ちくださいませ。

 

それではまた😁

 

 

 

ピラティスセナ
大きな地図で見る  Copyright© 2017 Pilates Sena All rights reserved.
メニュー一覧
×
メニュー