お知らせ

ピッチャーの肩の障害予防に役立つピラティス道具

ストットピラティスの本部
カナダのトロントから届きました

 

DSC_1152

(ローテーショナルディスク)

 

これを使うことで

一方向だけではなく

複数の面で

複数の関節を

動かすことができます

 

 

 

動きがかたすぎるのも勿論ですが

                    

動きすぎてグラグラで

安定性がないもの良くなく

 

脳みそで考えたことを実現させる
モーターコントロールを

 

洗練させていくことで
障害の予防につなげていきます。

 

 

肩と肩甲骨周辺のトレーニングを紹介します

ディスクの上に両手をのせて

DSC_1147

内側にねじる

DSC_1146

外側にねじる

DSC_1144

安定性を求める時には

腕は動かさないで

背骨を丸めたり、反ったりします。

そうすると

不自然にディスクが動こうとするのを

安定させます

肩や肩甲骨周辺の活性化につながります

 

 

ピッチャーがやっている

チューブを使ってのトレーニングよりも

広範囲に動かせます。

 

 

股関節の内旋・外旋にも活用できます。

DSC_1150

股関節の内旋外旋を交互に

DSC_1148

小刻みに行うことで

DSC_1149

股関節の内旋外旋を交互に小刻みに行うことで
左右への切り返しの多いスポーツ

バスケットボール

バドミントン

サッカー

スキー

 

などのトレーニングにも有効的です。

上半身は安定させたまま(安定性)
下半身を動かします(可動性)

 

肩凝りや腰痛の予防にも効果的ですので
お困りの方がいらしたらお試しくださいませ。

 

 

いよいよ明日から

大阪へ

上級リフォーマーのコースへ行ってきます。

 

DSC_1152

 

台風が心配ですが頑張ってきます。

 

それではまた😁

ピラティスセナ
大きな地図で見る  Copyright© 2017 Pilates Sena All rights reserved.
メニュー一覧
×
メニュー