お知らせ

リズムの感度をあげるピラティス

熊本市北区にあります

清水バレエスタジオさんにお招きいただき

レッスンを担当してきました。

 

 

今回の目的は

 

 

【リズム感・筋肉の収縮と弛緩のタイミングの学習】

例えば

あらかじめ

しゃがんだ状態からジャンプするよりも

 

立った状態から一瞬でしゃがんで

ジャンプする方が

筋肉や腱や膜が急激に引き伸ばされ

多くのエネルギーを蓄え

高くジャンプすることができます。

 

A1E8AF49-FD92-4EFC-ADEB-61C3A16F82EA

 

その時に

筋肉の収縮と弛緩のタイミング

骨を早く強く引き寄せ

関節に伝えると

エネルギーをロスすることなく

 

床からの反発力をつかうことができ

 

より高く綺麗にジャンプすることができます。

 

 

ジャンプ一つとっても筋力だけではなく

リズム感が必要となります。

 

23E729A0-4283-48AB-8148-79A812A58F63

 

 

後半は

体幹の安定と

30A6FFA7-9A35-496A-832F-C10202A4B8C1

脊柱の可動域のに着目してトレーニングしました。

 

21FB6B22-69A1-4714-A025-1356492FF267

午前中のレッスンだったので

寒かったけれども

後半はみんな体が暖まり

薄着になっていきました。

 

 

 

ピラティスセナ
大きな地図で見る  Copyright© 2017 Pilates Sena All rights reserved.
メニュー一覧
×
メニュー