お知らせ

口と鼻どちらで呼吸するべきか

結論から言うと

 

 

「鼻」

 

 

本来、口は発声と食事のためのものです

 

 

呼吸をするためではなく

 

唾液を分泌されることが重要です

 

口を開けてみてください

 

 

唾液は出ずに

 

 

瞬時に口の中が乾いてくると思います

 

そして喉にかけての粘膜が乾燥します

 

 

粘膜が乾燥すると

 

 

細菌やウイルスに対する

 

 

防御機能が発揮されず

 

 

細菌やウイルスの繁殖をゆるしてしまいます

 

 

まずは鼻から意識して

 

 

息を吸う連絡をしてみよう

 

 

 

大きな地図で見る  Copyright© 2022 Pilates Sena All rights reserved.