お知らせ

<第11話>ピンチで出した答えは

<第1話>からどうぞ→こちら

 

 

「スタジオを1年続けていくのは難しいな」と

 

 

1万人にハグしてもらわないと

 

 

立ち直れないレベルに

 

 

落ち込んでいました

 

 

 

 

それから

 

 

 

 

今までの自分を振り返ってみました

 

 

 

「何がダメだったのだろう?」

 

「何がいけなかったのだろう?」と

 

 

 

 

 

 

 

考えた結果

 

 

1つの答えがでました

 

 

 

ピラティスのインストラクターとして

 

 

 

お客様の体の悩みに対して

 

 

 

結果を出すことが1番と思っていました

(もちろん、今でも大事なことだとは思っています)

 

 

 

そのために必要な情報を

 

 

伝えるべきだという思いが

 

 

 

お客様の話を「聞く」ことが

 

 

欠けていたのかもしれません

 

 

 

 

 

 

 

つまり

 

「コミュニケーション」が

 

 

 

うまくとれていなかったのではないかと

 

 

 

そこで初めて

 

「コミュニケーション」の勉強を開始しました

(展開早いなぁ)

 

 

今まで勉強といったら

 

 

解剖学や

 

トレーニング理論のことばっかりだったのが

 

 

全く新しい分野でした

 

 

 

「コミュニケーション」って

 

感覚に頼っている部分が多いと思いますが

 

 

論理的に習っていくと

 

 

目からウロコで

(ありきたりな表現だな!)

 

 

 

おもしろかったです

 

 

このとき出した答えが

 

世間的にみて合っていたのかどうかは

 

 

わかりません

 

 

 

しかし

 

 

 

自分で経験して感じたことから

 

 

 

導き出した答えは

 

 

 

揺るがないのです

 

順風満帆にいっていたら

 

 

悩むこともなかったはずです

 

 

 

             <続く>

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大きな地図で見る  Copyright© 2022 Pilates Sena All rights reserved.